ノープランの旅行について | もとボディーガードの旅行ブログ

気楽な旅行ブログです

ノープランの旅行について

私はもともとしっかりと計画を立てた上で行く旅行が好きですが、その反面、思い立ったままのノープランの一人旅にもよく出掛けていました。

私は海外よりも日本が大好きで、こよなく「和」を愛しているので国内の旅が多くなります。
特に今までの旅行で印象に残っているのは、九州地方と東北地方になります。

私のノープラン旅行の場合は、もちろん前から計画を立てる事もなく、2日~3日以上の休暇があれば突然バック1つを持って旅に出ます。九州に行った時にももちろん始めから九州に行こうとした訳ではなく、空港に行ってから閃きで福岡行きの空いている便に乗りました。福岡駅に着いてからは取り合えず適当な電車に乗り、乗り継ぐ度に車両も少なくなり最終的には1車両のローカル線に乗りました。

その後山口県に突入し山口県と言えばフグを食べようと思い、地元の人に美味しいお店を聞きながらフグ料理店に入りました。当時は携帯電話も現在の様に普及しておらず、インターネット検索なども出来ないため殆どは現地住民に聞きながら移動しました。山口県の人達はとても心温かく地元の事を何でも親切丁寧に教えて頂いてとても心強かった記憶があります。

そして、ノープランで旅をしていたため、もちろんその日宿泊する場所も予約していませんでした。取り合えず海が見える宿泊所を探して、最終的には保養所らしき所へ辿り着き事情を説明して予約なしで泊めて頂きました。その保養所の管理人さんとも意気投合して、山口県の観光スポットやグルメ情報を教えて頂き翌日に楽しみました。その旅自体は2泊のみで帰宅しましたが、地元住民から色々な情報を教えて頂いたので貴重な体験になりました。

2つ目の旅行体験記は、東北地方を旅した話ですが、東北地方は自然も魅力ですが米や野菜、果物など食に関する事が豊富で食べ物目当てで旅をした事があります。特に出掛けたシーズンが初夏の時期だったので、福島県は桃、山形はさくらんぼが有名で現地で新鮮な果物を食べた時は絶品でした。また、東北地方は温泉の名所も数多くあり宮城県の秋保温泉、福島県の飯坂温泉、山形県の上の山温泉などの温泉巡りもした経験があります。

また、夏頃から秋にかけて宮城県では梨の収穫時期となるため、残暑残る時に冷やした梨を食べるのは絶品となります。特に食べ物で私が美味しいと感じたのは、果物もそうですが米がとても美味しい印象があります。米と言えば新潟県などが有名ですが、東北各地それぞれのお米も絶品で、私の場合東北観光と言うよりも食べ歩きで旅行する様な感覚です。

 

今はスマートフォンもあり、情報がいつでもどこでも手に入りますので、こういったスタイルは珍しいと映るかもしれませんが、ノープランで行く当てのない旅行は、かえって魅力的だと感じる今日この頃です。